∝──────∝
手枕(たまくら)の
松(住吉神社)
∝──────∝
別府町住吉神社の境内にあります。
『貞治元年(1362)住吉大明神の夢のお告げがあり、ここに大きな松の木が一夜のうちに生え、どんどん成長しました。』と「播磨鑑」に記されています。松が横に傾いて腕枕のように見えることから「手枕(たまくら)の松」と名づけられたといわれています。
初代の松は大正初期に枯れ、現在の松は二代目で樹齢100年近いといわれています。播州松めぐりの東端にあたり、浜宮天神社の「菅公お手植えの松」、尾上神社の「尾上の松」、高砂市の「高砂の松」「曽根の松」まで名松が続いています。
■Information
  • 写真:GIF/JPG
  • 駐車場:無し
  • トイレ:有り
  • アクセス:山陽電鉄
    かこバス
  • 最寄り駅:(山)別府駅
    (か)スポーツ交流館前
  • 概略地図

  • ■お問い合せ
    加古川市役所商工労政課
    Tel:079-424-2190
    ■近隣施設情報
  • 尾上(おのえ)神社・尾上の松
  • 山陽電鉄尾上の松駅
  • 浜宮天神社
  • 浜の宮公園
  • 山陽電鉄浜の宮駅
  • 加古川海洋文化センター・別府みなと緑地
  • 加古川海洋文化センター内図書室
  • 山陽電鉄別府駅

  • ▼トップへ戻る